メールやLINEなどのSNS|言い逃れの出来ない確実な浮気の証拠なら【総合探偵社ガルエージェンシー】へ!

探偵社ガルエージェンシー

文字サイズ変更

浮気の証拠ロゴ

浮気の証拠メール・SNS

浮気の証拠メール・SNS

メールや各種SNSでの浮気の証拠

スマートフォンが普及するにつれ、浮気相手との連絡方法は従来の電話やメールから、LINEやfacebookのメッセンジャーなどが増えています。
また、facebook(フェイスブック)の他、Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター) などの利用者も増え、そこから浮気が発覚したり、浮気の証拠の情報ツールとして利用できることも多くあります。
ここでは、様々なネットツールを利用した浮気の証拠の収集、活用情報をお伝えします。
まず、浮気の証拠としてなるべくものとしては

  1. case1メールの送受信履歴
  2. case2LINEやfacebookのメッセンジャーなどのやり取りの履歴
  3. case3SNSからの情報

などが挙げられ、またその他の方法もあります。

証拠保存方法は転送やスクリーンショットよりも写真撮影の方が簡単確実

夫や妻の浮気が発覚したきっかけの多くが、メールやLINEのやり取りからというのは容易に想像いただけるかと思いますが、最適な証拠保全方法がスマホや携帯の画面をそのまま撮影するというのとはあまり知られていないようです。
転送やスクリーンショット撮影→送信は発覚の恐れもある上、相手によっては偽造されたものと主張されてしまう可能性もあります。
そういった理由により、メールやLINEでの浮気の証拠を保全するなら、ご自身のスマホやデジカメで表示された画面を撮影し、保存するのが最も安全かつ確実な方法であることがご理解いただけるかと思います。

point1メールやSNSのやり取りだけでは浮気の証拠としての価値は・・・

「不倫相手とメールをしている!」「愛人とのラインのやり取りが発覚」
そのような場合、浮気の確定的な証拠と思われる方は多いでしょうが、言い訳によっては簡単に逃れられる証拠能力としてはそこまで高くないものであることをご理解下さい。
いざ慰謝料請求などをしようとした時に、「ネットで知り合った相手とふざけてやり取りをしていただけ」「疑似恋愛のどこが悪いの?」と主張されてしまえば、それを覆すだけの証拠が揃っていなければ良い状況とはいえません。
理由は他ページでもご紹介しているように、不貞の証明義務は訴える側にあるからです。

point2裁判所が浮気を認める材料とは?

自分では決定的と考えていたメールやLINEのやり取りが証拠としては不十分。
それに気が付くのが法廷では準備不足で遅いとしか言いようがありません。
探偵社の浮気調査報告書のような確定的な浮気の証拠を持っていない限り、メールやLINEのやり取り履歴と併せてそれが真実であるとの証拠を示さない限り、裁判所は慰謝料請求までは認めてくれない可能性があります。
【かなり怪しいけれど、慰謝料請求を認めるまでには至らない】と判断されれば、勝てません。
提出する決定的ではない証拠は、それを裏付けるものがあって初めて浮気が推認される証拠となるのです。

point3浮気相手とのメールやSNSでのやり取りを証拠として成立させる方法

確定的ではないにしても言っての証拠価値はあるメールやSNSでの愛人とのやり取り。
しかしながら、上記で紹介したように「ネットで知り合った相手とふざけてやり取りをしていただけ」「疑似恋愛のどこが悪いの?」と主張されてしまえば振り出しに戻ってしまう可能性があります。
探偵社の浮気調査報告書や他の証拠と併せてであれば問題はないのですが、そういったものが無い場合は諦めるしかないのかといえば、そうではありません。
基本としては、浮気した配偶者の自白の証拠があれば何とかなるでしょう。
ただし、「強要されたから」「違うと言える状況ではなかったけれど、真実ではない」と主張された場合、いくら自白したという事実があったとしても認められない可能性があります。
であれば、夫や妻の自白の証拠(録音・書面)と併せて、浮気相手の自白の証拠があれば、無関係の第三者まで強要したとはならないでしょうから、後々になってひっくり返される可能性は限りなく低くなります。

point4メールやLINEも1つの補助証拠と理解するのが重要

浮気相手とのやり取りが発覚した時、信頼していればしているほど、混乱してパニックになるのは仕方がないと思います。
ただ、ピンチに陥った時ほど冷静にならなければいけないのはどのような時も同じです。

メールやSNSでのやり取り履歴は、最初から補助証拠としかならない程度に考えておけば、冷静に次の行動が考えられるでしょう。
まずは、証拠の保全。
やり取りの全てを写真に撮影し、保存しておきましょう。
また、証拠隠滅に可能性も踏まえ、バックアップを取られておくことをお勧めします。

次に、やり取りが事実であるということを裏付ける証拠の収集。
探偵社に浮気調査を依頼するのも1つの方法ですし、事前に行く場所が分かっている場合、実際に出向いてラブホテルの出入りなどが撮影できればベストです。
一か八かにはなりますが、配偶者と浮気相手の自白の証拠というのも1つの方法ではあります。

point5継続性のある浮気であることの証明

浮気相手に慰謝料請求を考えている場合や配偶者との離婚訴訟の可能性がある場合、浮気が1回限りのものでなく、継続性のある不貞行為であるとなれば、慰謝料額も離婚条件も異なってきます。
その為の証拠は多ければ多いほど良いというのは誰も異論がないところでしょう。
証拠は後から集めることはほぼできません。
今集められる証拠は、今集めましょう。
たとえ探偵社に浮気調査を依頼し、決定的な不貞の証拠があったとしても、その後のメールやSNSのやり取りがあれば、より長く継続された不貞であると認められることになります。

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-135-007探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西HP

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西愛知県の浮気の証拠はお任せ下さい
〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1-2-1カネジュービル5F
TEL.052-433-1616 / フリーダイヤル.0120-135-007名古屋の探偵社への交通アクセス

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-775-066探偵社ガルエージェンシー伊勢湾HP

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾三重県の浮気の証拠はお任せ下さい
〒510-0824 三重県四日市市城東町17-33
TEL.059-353-6665 / フリーダイヤル.0120-775-066三重県の探偵社への交通アクセス

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-655-007探偵社ガルエージェンシー広島駅前Hp

探偵社ガルエージェンシー広島駅前広島県の浮気の証拠はお任せ下さい
〒732-0053 広島県広島市東区若草町10-12
TEL.082-569-6656 / フリーダイヤル.0120-655-007広島の探偵社への交通アクセス

GALUが選ばれる5つの理由

  1. 01 無料相談無料見積
  2. 02 安心の調査価格
  3. 03 業界ダントツの調査力
  4. 04 高品質の調査報告書
  5. 05 万全のアフターフォロー

無料相談 秘密厳守

24時間365日無料通話OK!

メールでのご相談はこちら

24時間365日無料通話OK!

メールでのご相談はこちら

24時間365日無料通話OK!

メールでのご相談はこちら

探偵社ガルエージェンシー慰謝料請求裁判や調停で勝てる浮気の証拠なら探偵社ガルエージェンシーの浮気調査
民事訴訟や慰謝料請求は訴える側に証明責任があります。
確実な証拠を元に勝利を勝ち取りましょう!探偵社案内

GALUが選ばれる5つの理由

  1. 01 無料相談無料見積
  2. 02 安心の調査価格
  3. 03 業界ダントツの調査力
  4. 04 高品質の調査報告書
  5. 05 万全のアフターフォロー

↑ ページの先頭へ戻る