写真や手紙|言い逃れの出来ない確実な浮気の証拠なら【総合探偵社ガルエージェンシー】へ!

探偵社ガルエージェンシー

文字サイズ変更

浮気の証拠ロゴ

浮気の証拠写真・手紙

浮気の証拠写真・手紙

浮気相手からの手紙

感情的にならず、まずは証拠保全

ご自宅や車内から、浮気相手から夫(妻)に宛てられたラブレターのような手紙が見つかった時、ほとんどの方が驚き、中には感情的な行動をとられる方もいるでしょう。

お気持ちはよくわかりますが、「浮気相手からの手紙=浮気の確定的な証拠」ではないことを理解しなければなりません。
すんなり白状し、解決の方向になれば良いですが、言い逃れや逆切れなどをされた場合、それ以上の追及は状況を悪くするだけで、ともすれば警戒して、どうにか証拠を集めようとしても何も手にできないという事態も考えられます。

とっさに手紙を隠して保管というのも、そのことがバレなければ問題ないでしょうが、バレた場合は同じようなことになります。
正しい対象法は、「とりあえず写真に写して保管する」でしょう。

手紙の内容が不貞に至った日時や場所が詳細に記されているもので、それが何通もあれる場合は、高い浮気の証拠価値があるといえますが、それだけの手紙を見たことが私の経験ではありません。
全てが言い逃れ可能な内容のものばかりです。
浮気問題を確実に解決するなら、手紙は補助証拠の1つという位置で考えておく方が無難です。

浮気相手と写った写真

写されている内容によって証拠価値が異なります

夫(妻)のスマホやパソコン、SNSなどから浮気相と撮影した写真が見つかった時。

写された内容によって、どこまでの証拠であるかが変わります。
ただ2人が写っているだけの写真の場合、それが配偶者に嘘をついての旅行先であれ言い訳をされてしまえば確定的な浮気の証拠とはいえす、他の証拠と併せて価値が出る補助証拠にすぎません。

写真の内容が、裸で抱き合っている写真やセックスの最中のものなど、誰が見ても2人の不貞が強く推認されるものであれば、問題なく確定的な浮気の証拠といえるでしょう。
また、それらが複数あれば継続された不貞行為であるとの証明にもなります。
浮気相手の素性もわかっているのであれば他に調べることはありません。
離婚や慰謝料請求をお考えなら、まずは一刻も早く証拠保全をしましょう。
パソコンに保存されたデータであればメモリースティックやSDカード、別のハードディスクなどに保管するなどです。
それらをお持ちになって弁護士事務所へご相談をし、アドバイスを求められることをお勧めします。

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-135-007探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西HP

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西愛知県の浮気の証拠はお任せ下さい
〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1-2-1カネジュービル5F
TEL.052-433-1616 / フリーダイヤル.0120-135-007名古屋の探偵社への交通アクセス

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-775-066探偵社ガルエージェンシー伊勢湾HP

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾三重県の浮気の証拠はお任せ下さい
〒510-0824 三重県四日市市城東町17-33
TEL.059-353-6665 / フリーダイヤル.0120-775-066三重県の探偵社への交通アクセス

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-655-007探偵社ガルエージェンシー広島駅前Hp

探偵社ガルエージェンシー広島駅前広島県の浮気の証拠はお任せ下さい
〒732-0053 広島県広島市東区若草町10-12
TEL.082-569-6656 / フリーダイヤル.0120-655-007広島の探偵社への交通アクセス

GALUが選ばれる5つの理由

  1. 01 無料相談無料見積
  2. 02 安心の調査価格
  3. 03 業界ダントツの調査力
  4. 04 高品質の調査報告書
  5. 05 万全のアフターフォロー

無料相談 秘密厳守

24時間365日無料通話OK!

メールでのご相談はこちら

24時間365日無料通話OK!

メールでのご相談はこちら

24時間365日無料通話OK!

メールでのご相談はこちら

探偵社ガルエージェンシー慰謝料請求裁判や調停で勝てる浮気の証拠なら探偵社ガルエージェンシーの浮気調査
民事訴訟や慰謝料請求は訴える側に証明責任があります。
確実な証拠を元に勝利を勝ち取りましょう!探偵社案内

GALUが選ばれる5つの理由

  1. 01 無料相談無料見積
  2. 02 安心の調査価格
  3. 03 業界ダントツの調査力
  4. 04 高品質の調査報告書
  5. 05 万全のアフターフォロー

↑ ページの先頭へ戻る